和豚もちぶたコラム

美肌効果があるかも?!

和豚もちぶたの成分分析を行いましたので今回はその結果を紹介したいと思います。

その中で興味深い成分の数字が一般的な豚肉に比べて高かったのです。それは美肌成分のグリシンとアラニンです。

和豚もちぶたのロースに含まれているグリシンとアラニンが一般的な豚肉に比べてそれぞれ2倍も多く含まれていました。

グリシンがなぜお肌に良いかといいますとグリシンは皮膚のコラーゲンを構成する要素の一つなのです。グリシンをしっかり採ると肌のバリア機能が高まり肌荒れなどの予防に効果があると言われています。

またアラニンはお肌の潤いを保つと言われています。このようなことから和豚もちぶたを食べると美肌効果が期待できるのです。

 

健康管理に興味ある人なら気になるキーワードの「ビタミン」ですが次のグラフを御覧ください。

ビタミンEB6についてそれぞれ3倍、2倍という結果でした。

ビタミンEは「抗酸化作用」「血行促進作用」などの効果があると言われているため「若さ・美容のビタミン」などと呼ばれています。またビタミンB6はタンパク質の代謝を促し皮膚や粘膜の健康を保ちますのでこれもまた美と健康が期待できるのです。

 

それとこれからの季節暑くなって夏バテが心配ですが和豚もちぶたにはスタミナ成分も多く含まれていることが分かりました。

スタミナ成分で有名なアルギニンが11倍も多く含まれていたのです。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果がありその結果筋肉増強や免疫力を高めてくれます。

また血管を拡張させ血流を改善させる効果がありますので心筋梗塞や脳梗塞の予防にも効果があると言われています。

 

なんだかサプリメント食品の説明みたいになってしまいましたが和豚もちぶたの美味しさ成分の紹介もさせていただきます。人が食べ物を美味しいと感じる旨味成分のグルタミン酸とグルタミンです。

グルタミン酸、グルタミンがそれぞれ3倍と2倍という結果でした。

旨味成分は別の旨味成分と組み合わせることで美味しさが倍増するそうです。野菜には多くのアスパラギン酸が含まれていますので豚肉と野菜がいっぱい採れる野菜炒めや回鍋肉(ホイコーロー)なんていかがでしょか。

今回は和豚もちぶたの成分分析を紹介しましたが和豚もちぶたに限らず豚肉には多くの栄養がたっぷりと含まれています。これからの季節夏バテに気をつけて豚肉を食べてこの夏を乗り切りましょう。

15