和豚もちぶたコラム

あのヤマザキランチパックに和豚もちぶたが…

ヤマザキランチパックから新潟県産和豚もちぶたを使用した「しょうが焼き風」という新商品が発売されましたのでご紹介させていただきます。(公式サイト
 
私も小腹がすいた時によくお世話になっておりますがカバンに入れても潰れないように袋が少し膨らんでるところなんて素晴らしい気遣いですよね。それを実現するために大変なご苦労があったんだろうなといつも感心させられております。食パンはランチパック専用のもので具材の水分などが生地に染み込まないようになっていてしっとりふわふわの食感をキープするようにしてあるそうです。また種類の多さも特筆すべき点で1年間で発売される商品数は50種類もあるそうです。
 
これらには、
  1. 全国で販売されるレギュラー商品
  2. 各地方の特産物を使用した地域限定商品
  3. 工場オリジナルのレア商品
があるそうです。
 
今回紹介する和豚もちぶたを使用した「しょうが焼き風」は2の地域限定商品ということで新潟県限定で発売されています。
 
今回実際に購入して食べてみましたのでそのレポートをさせていただきます。


まずひとくち食べて「おいしい!!」と感じました。しょうが焼きの甘辛さが絶妙で流石ランチパックだなといった感じです。食パンのほのかな甘さとのバランスが大変いいです。

ランチパックはそのまま食べても美味しいのですが、ちょっとアレンジしてみましたのそちらもご紹介します。
まずは、オーブンで2分ほど焼いてトースト風にしてみました。食パンのサクサクした香ばしさが加わり具材も温まりしょうが焼き感もさらにアップし大変美味しくいただきました。
 

同じくオーブンを使ってチーズを乗せて焼いたものも試してみましたが、こちらもチーズのコクが加わりおいしさアップでした。

次はフライパンを使ってフレンチトースト風にしてみました。ランチパックの具材の味を活かすためにたまごはあえて味付けしないようにしましたが、これはなかなかオススメです!上のトースト系と違ってしっとりをした食感でたまごのマイルドな味わいが具材によくマッチしていました。

最後に試したのがランチパックをバンズに見立ててハンバーガ風にしてみました。新鮮な野菜を挟んで豪快にひとかじりしましたがこれもまた絶品でした!特にトマトとの相性がいいのには驚きでした。

今回ランチパックを使っていろいろな食べ方を試してみましたが、どれもおいしくいただくことが出来ました。皆さんも今回の商品以外のものでもランチパックを使っていろいろ試してみてはいかがでしょうか。
ランチパックは1984年から発売開始されているそうですが人気No1はずっと「ピーナッツ」だそうです。
私も大好きですので納得です。今度ランチパック「ピーナッツ」を使ってフレンチトーストを作ろうと思っています。
ちなみにパッケージに描かれている女の子と男の子ですが「ランチちゃん」と「パック君」という名前だそうで食材に合わせて衣装も変わるそうですのでランチパックを購入の際はこちらにも注目したいと思います。
 

19